足の爪が臭いのはなぜ?ニオイの改善方法5つでお座敷も怖くない!

足の爪が臭い原因と改善方法

足の爪が臭いのはなぜ?ニオイの改善方法5つでお座敷も怖くない!

「私おしゃれしてるけど、実は足が臭くて、特に爪はひどくて人前では靴を脱ぎたくない、というか絶対脱げない!」

と悩んでいませんか?

足のニオイにも色々なタイプがあって、納豆、雑巾、チーズや銀杏(ぎんなん)などが例としてあげられます

メイ

メイ
特に爪が臭いという場合はチーズや銀杏みたいなニオイがすると悩んでいる方が多いので、今回は爪が臭い原因と5つの改善方法ををご紹介したいと思います。

お座敷でも大丈夫!と足のニオイが気にならないようにがんばりましょう!

足の爪の臭いがチーズや銀杏(ぎんなん)のよう!?

足の爪が臭いチーズの臭い

調査によると、女性の約半数が足のニオイに悩んでるということですが、足の爪からチーズや銀杏のようなニオイがしていたら「周りに気づかれるんじゃないか」と気になって靴が脱げないですよね。。

チーズや銀杏には酪酸(らくさん)という独特のニオイの成分が入っているのですが、足のニオイの原因にもこの酪酸が関係しているためにチーズや銀杏に例えられるような発酵したニオイがします

では爪のニオイの原因をみてみましょう。

足の爪の臭いの原因は垢(あか)だった!

爪の臭いの原因は垢

私たちの体は新陳代謝によって常に新しい皮膚が作られ、古い皮膚は表面に押し出されて角質となり、垢となってはがれます。

ナオ

ナオ
若い時の方が新陳代謝が活発で、年齢を重ねるごとに新陳代謝はゆっくりになっていきます。

足の爪の気になるニオイの原因

はがれ落ちた角質や垢が爪の間にたまって、足から出る汗と混じり、靴の中で高温多湿の状態になると皮膚の常在菌という誰にでもある菌の働きが活発になり分解され、納豆のようなニオイの「イソ吉草酸」や、チーズや銀杏のような独特のニオイの「酪酸」といった発酵したニオイが発生するためです

また垢の他に靴下の繊維が爪の間に入りこんで、汗を吸収し、嫌なニオイの元になることがあります。

足の爪を切った後に臭いのはどうして?

メイ

メイ
足の爪を切った後ってすごく臭くないですか?

それはまさに爪の間に挟まっていた垢が爪を切ることで一緒に取れるためです。

この爪と皮膚の間に挟まっていた垢が嫌なニオイを発生させていたんですね。

足の爪の臭いと巻き爪は関係ある?

足の爪の臭いと巻き爪の関係は?

爪の両側の角が指に深く食い込んでしまったり、爪の先の方がアルファベットのUの逆の字や「の」の字になって巻き爪は深爪、先の細いパンプスなどの靴、体重の増加、加齢そして爪の水虫などによって起こります。

巻き爪になると痛くてお風呂で指を丁寧に洗えなかったり、ついつい爪も伸ばしがちになってしまって垢がたくさん爪の間にたまってしまい、ニオイの元となることがあります

この状態を改善するためには、

  • 足指、特に親指がきつく締め付けられない靴を選ぶ
  • 爪は深爪せず、角を切らない四角にする
  • 爪水虫の場合は皮膚科で治療を行う
  • 巻き爪治療や矯正を行う

ことが清潔で健康な足になるために効果的です。

足の爪の臭いと水虫は関係ある?

足の爪の臭いと水虫の関係は?

毎年暑くなるとムズムズの水虫が、、という方も多いと思います。

水虫の原因である白癬菌(はくせんきん)というカビの一種にはニオイはありません

でも白癬菌は高温多湿の状態になると爆発的に増殖するので、水虫になる方は靴の中の環境が嫌なニオイを発生させるのに絶好の環境になっているといえます

では爪のニオイを改善するにはどうしたらいいのか、5つの改善方法をご紹介しますね。

足の爪の臭いケアでもう悩まない!5つの改善方法

足の爪の臭いの改善方法

爪からニオイを発生させないようにするには3つのポイントがあります。

  • 爪の間に垢をためない
  • 足を清潔にして雑菌を繁殖させない
  • 靴の中を高温多湿にしない

この3つのポイントを同時に、継続して行うことが大切です。

①足の爪の臭いを歯ブラシで改善する方法とは?

定期的に爪の間の垢を取り除くことが爪のニオイを改善する一番の方法です。

爪の間に垢をためない、垢を取り除くために使う道具としては以下のようなものが使えます。

  • 爪垢とり専用の器具
  • 爪ブラシ
  • 歯ブラシ

私は親指の爪に黒い垢がたまるんでなんとかならんかなあと思い、これを注文しました。思ったよりは取れたんですが、最後の隅のちょっとが取れなかったんですよね。まあまあかな?

これを使って爪の垢取りをしてから、足の臭いが劇的に改善しました。私自身は別に巻爪というわけではなく、専ら垢取り目的で購入したのですが、その為だけに購入した価値があると思っています。それまで使っていたつまようじとは取れ方が結構違うので。風呂で使うと特に効果を実感できる気がします。

同じような商品をドラッグストアで探しましたがありません。足の親指の爪の中とか、めっちゃ綺麗になります

デザインは中々良かったんですが...ブラシがちょっとやわらかいから汚れが落ちないね。

かわいいし、手に持ちやすくブラシもしっかりしています。夏は素足でサンダルを履く機会が増えるので、爪周りはしっかり洗いたいですね。

手指爪と足指爪を洗う時に使っています。自立するのは衛生面でも安心ですね。

このような爪垢とり専用の器具が爪ブラシがありますが、歯ブラシでも代用できますよ!

メイ

メイ
歯ブラシの硬さは皮膚を傷つけなければ硬めでも柔らかめでも大丈夫です。

爪ブラシや歯ブラシには、石鹸の泡をつけてやさしく爪周りをブラッシングして垢を取り除きましょう

週に2、3回バスタイムを利用して爪の間をきれいにすることを習慣づけるといいですね。

②足の爪の臭いを発生させない洗い方は?

爪のニオイが気になるからといって、足をボディタオルでゴシゴシと強く洗っては皮膚を傷つけたり、乾燥させてより皮脂が多く分泌されてかえってニオイの原因となってしまいます

ニオイの発生を抑えるには泡でやさしく足の全体、すべての指の間、指の裏、爪の周りを丁寧に洗うことが効果的です

ナオ

ナオ
この方法は水虫の白癬菌を洗い流すためにも有効なので、ぜひ実践してみてくださいね!
メイ

メイ
その後はぬるま湯できれいに泡を流してタオルで完全に水分をふき取り、保湿クリームを塗って皮膚を潤すことで余分な皮脂の分泌を抑えることができます。

また夜寝ている間にもコップ1杯分くらいの汗をかいているので朝起きた時にはすでに雑菌がニオイの元を分解しています、朝起きて出かける前にシャワーを浴びるか、足や爪まわりだけでも洗うと日中のニオイの発生度が違いますよ。

③足の爪の臭いを発生させない爪の整え方は?

足の爪の臭いを改善する爪の整え方は?

ネイルをしていると「もうちょっと伸びてから切ろう」とついつい爪を放置してしまいませんか?

「ネイルのせいで気づかなかったけど、いつの間にかすごく爪が長くなっていた!」ということも。

爪が長くなるとその分爪と皮膚の間が大きくなって垢がどんどんとたまってニオイの元となってしまいます。

爪は常に短く清潔に切っておくのがニオイを防ぐためには有効です。

足の爪の切り方

出典:Dr.巻き爪

短くといっても深爪や、山型のように両端を深く切り落とす「バイアスカット」は爪の痛みや巻き爪の原因となるので、長さはちょうど指が隠れるくらい、形は「スクエアカット」、四角く切るようにしましょう。

メイ

メイ
水虫の人が家族にいる場合は爪切りから水虫に感染することがあるので、自分専用のものを使い、使った後は熱湯ですすいで水分をきれいにふき取っておきましょう。

足の爪の臭いはアルコールで消毒したら治る?

アルコールやエタノールは殺菌効果がありますが、足や爪に定期的に使うのは刺激が強すぎて皮膚にダメージを与えて乾燥させるためおすすめできません

次にご紹介するような足湯は足の殺菌に効果的ですが、皮膚の弱い方は無理をしないように最初は濃度を低くして行ってくださいね。

また足や爪が痛くなったり、皮膚に異常を感じたらすぐに使用をやめましょう。

④足の爪の臭いには足湯も効果的

足の爪の臭い改善には足湯も効果的

足の殺菌にいいといわれているのが、お酢クエン酸木酢液重曹といったものです。

  • お酢系は酸によって雑菌をやっつけたり、増殖を抑えることでニオイを防ぎます
  • 重曹は水に溶かすとアルカリ性になり、弱酸性である私たちの皮膚に触れると「中和」という化学反応によって皮膚の角質を溶かす性質があるので、雑菌の栄養分を減らしニオイを抑えることができます

いずれの方法も足を泡できれいに洗ってから行うと効果的です、終わった後はぬるま湯で流してタオルできれいにふき取りましょう。

ナオ

ナオ
最初は少ない量で週に2~3回行ってみて、皮膚が大丈夫なら量や回数を増やしてみましょう。

お湯が冷めてくるので、お風呂に使う保温シートを切って洗面器の上をおおったり、洗面器を発泡スチロールの箱の中に入れると保温効果がありますよ

穀物酢や木酢液での足湯の方法

木酢液燻製のような強いにおいがするので、苦手な方はやめておいた方がいいでしょう。


足湯で使ってます。足の臭いがその後なくなりました。履いていた靴の臭いも消えました。

汗をかく季節の体臭や足の臭いが激減しました。たしか今回で三回目の注文です。

足湯の例

  • 38度~40度ぐらいのお湯を洗面器に入れて、その中に酢を3倍から10倍に薄める程度に加え、15分ほど足湯をします

クエン酸での足湯の方法

クエン酸は純度の高い「食品レベル」のもので、固まりにくい「無水クエン酸」がおすすめです。


たっぷりと入っているので、安心して気持ちよく、1回分が経済的に使えてます。特に、お風呂に入れていますが、出た後のつるつる感はなんともいえません。

この製品は、価格もお安いからリピしてます。私は、お風呂で使っています。石鹸で体を洗ったあと、小分けした容器をお風呂に持ち込んで、クエン酸をお湯で溶かして体に使います(手で体に塗る感じ)。石鹸はアルカリ性で、クエン酸は酸性だから、中和されるし、石鹸カスも取れるし、重宝してます。それとクエン酸は、角質柔軟作用もあるから、美白まで行かないけど、石鹸で二回洗いしたら、余分な角質も落ちてくれている気がします。

足湯の例

  • 洗面器に38度から40度くらいのお湯を入れて、クエン酸を大さじ1~3杯加えて15分ほど足湯をします

または

  • お風呂掃除に使うバススリッパにおおさじ1~3杯程ほどのクエン酸とお湯を入れて、その中に足を10分~15分入れます

重曹での足湯の方法


お風呂に1/2カップほど入れて使用しています。(肌に合わない場合などもあるので量は大匙2杯ほどから少しずつ増やして様子を見ることをお勧めします)ちょっと混ぜただけですぐに溶けてくれるので使いやすいです。なぜかこれが入ったお風呂に浸かると、温泉に入った時のような心地よさがあります。他の入浴剤などではこの心地よさはないし体臭や加齢臭などにもバツグンの効果があるそうなのでもっぱらこれを使っています。

足湯の例

洗面器などの容器に38度から40度のぬるめのお湯を入れて、小さじ1から大さじ2程度の重曹を入れて混ぜ、足を10分から15分つけます

⑤靴の中を高温多湿にしないようにするには?

足の爪の臭い改善には靴の高温多湿を避ける

靴を長時間履く日常スタイルではどうしても足が蒸れてしまいますよね。

靴は1日履いたら翌日は乾かすようにして、同じ靴を連続して履かないようにするだけでもかなりジメジメ度が違いますよ

靴の中敷きを使って汗を吸い取ったり、抗菌効果のあるストッキングや靴下を選ぶことでニオイの発生を防ぎましょう。

足の爪が臭いのはなぜ?のまとめ

足の爪が臭い原因を知って改善しよう

ドクターシーラボの調査では、異性の足にどんなニオイを感じたことがあったか聞いてみたところ、男性の足からは雑巾のニオイ、女性の足からはチーズのニオイが1位だったそうです。

異性の足のニオイを感じる場面で一番多かったのは、飲み会や旅行でお座敷に上がった時、そしてニオイを感じた女性には「ニオイを指摘はできないけど、あまり近づきたくない。。」といった意見がありました。

ナオ

ナオ
早速ご紹介した5つの改善方法で、急に靴を脱ぐ機会が訪れてもドキドキしなくていいように今から対策を始めましょう!

  • 爪の間の垢を取り除く、たまらないようにする
  • 足や爪まわりを泡で丁寧に洗う
  • お酢、クエン酸、重曹で足湯をする
  • 爪を短く清潔に整える
  • 靴の中を高温多湿にしない

足の嫌なニオイの原因イソ吉草酸を抑える方法についてはこちらの記事も読んでみてくださいね。

関連記事>>>足の臭いはイソ吉草酸が原因!足の臭いの改善方法7つ!

関連記事

イソ吉草酸が原因でおこす足のいやな臭いの改善方法

足のにおいはイソ吉草酸が原因、7つの改善方法ためしてみて!